パークアクシス白金台

先週末は24時間テレビTで、リーダーの走り走る人を応援していたはりせんぼんですあせあせ

テレビ画面TVの右隅に
『運動オンチのリーダーが101㎞完走走る人に挑戦』なる書き込み(?)が出ていましたね。
忙しい仕事の合間に、2か月半で250㎞の走り込みをして、見事、番組放送内に武道館へ帰って来てくれましたぴかぴか(新しい)泣き顔ぴかぴか(新しい)

パークアクシス白金台から通勤・帰宅ランで走るコースがテレビTVに映るたび、「信号につかまらないで~あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)」と何度もドキドキしましたふらふら
周辺って信号信号の待ち時間が長いし、片道3車線の大通りは横断歩道がとにかく長いんですよ~泣き顔泣き顔

最後は痛々しい走り方をしていたけれど、完走おめでとうございますぴかぴか(新しい)走る人ぴかぴか(新しい)

…で、テレビで『運動オンチのリーダーが101㎞完走に挑戦』のキャッチコピー
早く走るのなら、センスや運動経験がある程度必要になるのではないかと思うのですが、走る距離が長くなればなるほど、気持ちが大切になってくるのではないかと思うのですねぴかぴか(新しい)

もちろん、折れない気持ちを作るだけの練習は必要ですよね手(グー)グッド(上向き矢印)
それだけの練習量走る人を積んだら、大会の途中で、簡単に完走を諦めるようなことはできなくなるはずです

はりせんぼん、学生時代学校はバレーボールをやっていましたが、鳴かず飛ばずの6年間でしたので、運動経験はあってもセンスは全くなかった、ってことになるのでしょうあせあせ

城島リーダーの経緯と被るところがあったので、ついつい見入ってしまいましたTV

距離が長くなるほど、必要になるのは折れない気持ち手(グー)
折れない気持ちを作る、練習量走る人

大会走る人の途中で苦しくなった時げっそりに、「あれだけ走ったんだから、まだ大丈夫」という、気持ちの余裕が欲しいのですぴかぴか(新しい)
その余裕が欲しくて、8月は457㎞走る人走りましたが、何か???(笑)
朝の出勤前じゃないと、ペースを上げて走れないのはナイショですあせあせ

今月は、もう少しストレッチや疲労回復にも目を向けていきたいと思います